ひとくくりにできないほどたくさんのお茶が採れる中国。 緑茶、青茶、紅茶、黄茶、白茶、黒茶とさまざまな種類があります。

中国というと烏龍茶の国と日本では思われがちですが一番飲まれているのは緑茶です。でも日本の緑茶とは少し違う。 茶葉の発酵を止める方法が違います。

日本の緑茶はほとんど、蒸して発酵を止めますが中国では、釜炒りといって茶葉をお茶の油で炒めて発酵を止める。 この方法だと味より香りが生きてきます。龍井茶などがその代表。

そして日本人にもっともなじみのあるのが青茶。 発酵を途中で止める半発酵のお茶。烏龍茶は青茶の一種です。

それからこれも中国茶の代表格。黒茶。 人工的に発酵させる後発酵のお茶。プーアール茶もそのひとつ。 脂分をよく分解するので、中華料理のあとによく出てきます。

そのほか、インドのダージリン、スリランカのウバと並ぶ世界三大紅茶 といわれるキーマンも中国を代表する紅茶です。 ジャスミンや桂花香烏龍などの花の香り付けをしたフレーバーティーも 日本で人気です。紅茶のアールグレイみたいなものです。

中国茶

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 9商品中 1-9商品
  • 次のページ