世界中でTeaといったら紅茶のこと。流通して飲まれているお茶の80%が紅茶だからです。それなのに、日本で紅茶があまり普及していないのはなぜか?
それは、日本は水がおいしいからです。
紅茶の広め方にも大きな問題がありました。何かしらおシャレで舶来の高級なイメージで展開したから。
しかし、一番はやはり水のおいしさが、紅茶よりも緑茶に適していることが理由だと考えます。日本はモンスーン気候と山がちの地形で、国土の80%が山です。それもなだらかでないところのほうが多い。そこへ、たくさん雨が降り、その雨が川に流れ込んで、急流の川をつたっておいしい水となって下ってきます。
日本茶(主に緑茶)は、紅茶や珈琲などよりはるかに水のおいしさを素直に反映します。。うまい水に恵まれた日本だからこそ緑茶が普及したのでしょう。

緑茶は摘んできた茶葉を蒸して(釜炒りにして)、発酵を止めます。 完全に発酵した紅茶、途中で発酵を止めた烏龍茶とくらべて、それだけ、成分が茶葉本来のものに近い。自然の恵みをそれだけ多くとどめている、と考えてよいと思います。緑茶に含まれるさまざまな成分の効能が評価されるのは、そうした自然の豊富な魅力を損なわずに吸収しているからでしょう。 健康を考えたら、なんといっても緑茶がおすすめです。

また、緑茶の魅力は繊細な味わいにもあります。蒸して発酵を止めたのがほとんどの日本の緑茶ですが、それは一番味を重視した、味が生きるような製法です。
そのかわり、香りがおとなしくなってしまっています。一方で、香りを主体に作られているのが、烏龍茶(正確には青茶)、紅茶などです。おおまかに言うと緑茶は味。烏龍茶や紅茶は香りと考えてよいと思います。このような事情を鑑みながら、日本茶の魅力をお楽しみいただけると嬉しいです。

日本茶

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 20商品中 1-20商品
  • 次のページ
・日本で作られる緑茶の70%を占めるやぶきたの魅力を素直に発揮した静岡牧之原のお茶が成長の度合いに応じて、「澪」、「陽菜」、「薫」とランクづけられています。いずれもほどよい渋みと素直な甘みのバランスの良さ、飲んだあとの爽やかな感じから飽きの来ないおいしさです。

・やぶきたに次いで、南九州を中心にさかんに作られているゆたかみどりという品種の持ち味が「まどか」、「ゆたか翠」、「知覧」において味わえます。やぶきたなどと比べるともともと樹勢のつよい、そして苦みのきつい品種でしたが、茶摘みの前に10日ほど遮光をすることで、渋み成分の極端に少ない、その結果濃い甘みがあじわえます。「まどか」は柔らかくまあるいあじわいが、「ゆたか翠」はパンチの或る濃い甘み、「知覧」はすっきりした軽い甘みが特徴です。

・静岡茶のスタンダードなおいしさとは別の緑茶を楽しみたいお客様を念頭に、宇治の茶問屋さんと開発したのが「宇治」や「みやび」です。宇治茶としてはどちらかといえば深蒸しよりの比較的葉肉の厚いリーフを選び、これをマイクロ波で慎重に火入れ乾燥して香りを引き出しています。またまろやかさを実現するためかぶせ茶をブレンドしています。その結果、香り高くなおかつマイルドな味となっています。「みやび」はどちらかといえば玉露を思わせるまったりした甘みが、「宇治」はもう少しボディの或るハッキリした味です。