ひとくくりにできないほどたくさんのお茶が採れる中国。 緑茶、青茶、紅茶、黄茶、白茶、黒茶とさまざまな種類があります。
中国というと烏龍茶の国と日本では思われがちですが一番飲まれているのは緑茶です。でも日本の緑茶とは少し違う。茶葉の発酵を止める方法が違います。
日本の緑茶はほとんど、蒸して発酵を止めますが中国では、釜炒りといって茶葉をお茶の油で炒めて発酵を止める。 この方法だと味より香りが生きてきます。龍井茶などがその代表。

そして日本人にもっともなじみのあるのが青茶。 発酵を途中で止める半発酵のお茶。烏龍茶は青茶の一種です。
それからこれも中国茶の代表格。黒茶。 人工的に発酵させる後発酵のお茶。プーアール茶もそのひとつ。 脂分をよく分解するので、中華料理のあとによく出てきます。
そのほか、インドのダージリン、スリランカのウバと並ぶ世界三大紅茶 といわれるキーマンも中国を代表する紅茶です。 ジャスミンや桂花香烏龍などの花の香り付けをしたフレーバーティーも 日本で人気です。紅茶のアールグレイみたいなものです。

中国茶

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 9商品中 1-9商品
  • 次のページ
横浜にある中国茶専門店「悟空」さんから良質の中国茶を厳選して分けて貰っています。またそうして選んだリーフをもとに自社でそれぞれティバッグを作っています。
・中国福建省を代表する鉄観音と黄金桂。いずれも甘い香りを伴いますが、味も香りも黄金桂のほうがよりマイルドで、乳香といってミルクのような味わいがします。鉄観音はそれにくらべるとすっきりしたシャープな感じがあります。どちらもおいしいですが、女性には黄金桂のファンが、男性は鉄観音びいきが多い印象があります。
・お茶の葉に含まれる酸化酵素が空気中の酸素と反応して酸化することが、緑茶がウーロン茶や紅茶へ変化していくメカニズムで、完全に酸化したのが紅茶であり、全く酸化していないのが緑茶、そして中間で酸化を止めたのがウーロン茶といわれます。とはいっても、お茶の種類のによって、酸化の程度も違い、それは茶液の色と茶葉の色にも反映されています。酸化の程度が30%くらいの黄金桂、40%くらいの鉄観音、そして70%くらいの東方美人は、茶葉に青みがあり、茶液が黄色っぽい黄金桂や鉄観音とちがって、茶葉も紅茶のように赤黒く、茶液もダージリンのように明るい橙色です。蜜のようなあまあい香りに虜になり、ファンになる方が多いです。
・お茶の葉が持つ匂いを吸う、という性質を活用したのが着香茶の作り方です。ジャスミンの花を広げたうえに緑茶を載せてその花の香りを吸収させる。この作業を何回行うかでジャスミンティとしての香りの良さとおいしさが決まりますが、7回行った最高級品がジャスミン珠茶です。その上等な香りに驚くことでしょう。
・ウーロン茶を飲むときは、最初の1煎目を捨てて、二煎目から楽しむ、といわれることがありますが、それはこのプーアル茶の場合にそうする必要性があります。プーアル茶というのは他のウーロン茶の作り方と違い、黴付けしてつくる発酵茶なので、どうしても発酵臭があります。それをとるために最初の茶を捨てます。脂肪分を分解するからよく痩せるお茶とも言われ、事実有効なようですが、このプーアル茶は上級品で味もとてもよいです。何回も飲めることも特長です。