川根紅茶ティーバッグ2.2g10袋入

東方美人をおもわせる蜜のようなあまい香りと味。
和紅茶のとびきりいいのがお手軽に。

・品種:
・産地:静岡県川根町
・特徴:熟れた果実のようなあまい香りと味。

・風味
 甘味★★★★
 渋味★★☆☆☆
 コク★★★☆☆
 香り★★★★


・淹れ方・・あたためたマグカップないしティーポットに入れたら、沸騰したばかりのお湯を注ぎ、3分くらい。最初ストレートで楽しみ、濃くなってからミルクを加えるか、濃いめのをストレートで飲みきるのもオススメです。

その香りがまるでシャンパンのようだからシャンピオン烏龍茶ともいわれた、台湾茶の代表、東方美人を連想させるあまくてふくよかな香り。マイルドでコクがありながら、味全体をひきしめるほんのかすかな渋味。

この紅茶づくりを指導しているのが日本で唯一ダージリンのオーソドックス(正統的な)製法を学んだといわれる又平さんとういう方なのですが、本当にすばらしくおいしいです。紅茶と烏龍茶と緑茶はおなじ木からとれる茶葉でありながら、その加工の仕方がちがう。

お茶の葉に含まれる酸化酵素の働きで、空気中の酸素と反応させて酸化発酵をさせるのが烏龍茶や紅茶ですが、烏龍茶はその酸化発酵を途中で止めるのに対して、その過程を最後まで進行させる紅茶は手間も時間もかかります。

それで効率的に酸化発酵を進めるための技術革新も行われてきました。その代表がアッサムやケニアの紅茶作りの主流となっているCTC製法やスリランカで行われているブロークン製法です。

そういった工夫のおかげでお手頃価格の紅茶がつくられ、世界中に普及することを可能にしています。けれども、効率化に伴うマイナス面というものもあります。どうしても味が平板になりやすく、微妙な味や香りが損なわれやすい。

とりわけ、繊細な風味が特徴のダージリンなどでは、いまでもその持ち味を活かすためのつくりかたがされている。それがオーソドックス製法といわれるものですが、川根紅茶はこの方法でつくられています。
販売価格
648円(内税)
購入数