アッサム オレンジペコー リーフ 100g

世界一の紅茶生産地アッサムの最高級品。
たっぷりしたコクとバラのような香り。

・品種:アッサム種
・産地:インドアッサム地方
・特徴:低地で育つお茶、ローグロウンティの濃厚なコクのある味わいと、バラのような香りが魅力。

・風味
 甘味★★★☆☆
 渋味☆☆☆☆
 コク★★★☆☆
 香り★★★★
・淹れ方・・温めたティーポットに茶葉を入れて、熱湯を注ぎ、ティースプーンで軽くかき回してからティーコジーなどで保温して4分から5分。もう一度なかをスプーンでかき回して濃さを一定にしてから、カップへうつす。二杯目は濃くなったところへ、人肌にあたためた牛乳を加える。なんともまあるい味わいのミルクティが楽しめます。

緑茶、烏龍茶、紅茶をはじめありとあらゆるお茶がつくられているのは、もちろん中国ですが、こと紅茶に関して言えば、生産量が圧倒的なのはインドで、なかでもアッサム地方はインドの紅茶生産の3分の2、世界の紅茶生産の半分を占めます。

インドは国内消費も多く、ほとんどはチャイというスパイスを加えた煮出しのミルクティとして飲まれる。チャイ用の安価な紅茶をつくるためにCTCという酸化発酵の作業を効率的にした製法が主流となっています。

が、アッサムでもとても上質な茶葉には、やはりその持ち味を最大限に引き出すようなつくりかたがされている。それがダージリンなどとおなじようなオーソドックス製法です。お茶の葉を刻んで小さくしたり、押しつぶして組織を壊したりしない。

その結果、アッサムの最高級品はアッサム本来のたっぷりしたコクのあるあじわいとともにバラのような香りをもちます。ダージリンやヌワラエリアのような繊細でキュートな味や香りに親しんだ方が、アッサムのおいしさを再発見すること請け合いです。私自身、吉祥寺のティークリッパーでいただいたアッサムのおいしさが忘れられません。
販売価格
972円(内税)
購入数