豊田屋 練羊羹


二本松和菓子を代表する一品。地域のプライドがつまった伝統和菓子


豊田屋のある二本松市の羊羹製造の歴史は、江戸時代にはじまりました。
藩主の命を受けて菓子職人が江戸で修業し、技術を持ち帰って作って羊羹が藩の御用菓子となり、当時の上流階級の武士だけが食べられるものだったそうです。今ではもちろんどなたも味わえるものですが、ルーツは藩のプライドをかけて開発されたもので、その製法は今に引き継がれています。

下記原材料の項に記載されているように、良質な砂糖、小豆、寒天のみを使って作る製法は、昔から変わっていません。二本松の羊羹は表面がカリカリしているのが特長なのですが、これは砂糖の結晶で表面が覆われているためです。なるべく羊羹の品質を長持ちさせるために考えられた技法です。噛むとカリっとする食感によって、他の羊羹と比べて特別感を感じられます。内側は羊羹本来のしっとりなめらかな食感で、甘さは小豆の風味を損なわないよう抑えられ、緑茶だけでなくコーヒーと合わせても味わい深い相乗効果を楽しめます。

また、開封後の羊羹はしばらくすると外側の砂糖のコーティングが溶けて、カリカリした食感がやわらぎしっとりして、より内側の小豆の風味を味わえるようになります。この食感の変化も楽しんでいただきたいと思います。

合わせて練羊羹同様広く愛されている豊田屋さんの飴、「黒玉」も合わせてご覧ください。

原材料:砂糖、小豆、寒天
販売価格
756円(内税)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています