玉嶋屋 本練り羊羹 225g

「和菓子の町」二本松市を代表する玉嶋屋の本練り羊羹



玉嶋屋さんは、現在、上生菓子もつくっていますが、全国にその名を知られているのは羊羹です。実際に、昔から「二本松羊羹」として名物に数えれられてきたものは、主に玉嶋屋さんのものです。

昔ながらの竹の皮に包まれた本練り羊羹は、ガスの4倍の火力という樹齢23年のナラ薪で焚かれ、水分が飛んで、その結果さらさらの上品な味わいの羊羹ができあがります。餡を練っているところを実際に見るとびっくりします。直径10センチくらいのおおきな泡がぷかぷか浮かんでいく様は圧巻です。

時間が経つと、長方形をした羊羹の周辺にザラメが層をなして、これは保存をよくするために工夫された製法だそうですが、外側はかりっとした食感と内側は適度にやわらかさを保って、独特の食感も楽しめます。

こちらの羊羹との食べ合わせについて、宇治抹茶入り極上玄米茶をおすすめしております。香ばしい玄米の香りと京都の宇治抹茶のコクが羊羹とよくマッチします。宇治抹茶入り極上玄米茶のページはこちら
また、羊羹は実は紅茶との相性もよく、紅茶とともに食べるのもおススメです。疲れた心身をリフレッシュできると思います。


この羊羹の仕入れ先の、玉嶋屋さんが店を構える福島県二本松市は城下町で、市内には和菓子屋さんがたくさんあります。

そのたくさんの和菓子屋さんが、黒飴、羊羹、それとお砂糖がたっぷりとかかったあんぱん(さとうパン)などを作っています。なぜだろうと思い、理由を知りたくて玉嶋屋さんにおじゃましたときに会長さんに訊いてみたら、みんなうちの弟子だ、というのです。

昔はお菓子屋さんにも、分業のような身分のような役割分担があって、庶民のたべる馬方ようかんなど朝生(あさなま)を作るお店、あめ玉や羊羹を作る店、そしてお殿様に献上する上生菓子をつくるお店というのが分かれていて、それぞれの店がポジションをもっていたらしい。玉嶋屋は、その最上級のお店だったそうですが、そこからのれん分けしたお弟子さん達が、今の二本松の充実した和菓子文化を支えているのでしょう。
販売価格
756円(内税)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています