ゆたか翠 100g


青みのある香りとまろやかさが人気
濃厚なのに後味軽く、飲みやすい
鹿児島県有明町産


・品種・・ゆたかみどり
・産地・・鹿児島県大隅半島志布志地区
・特徴・・青みがあって濃厚なあまみ・うま味。味にパンチもある。

・風味
 甘味 ★★★★★
 渋味 ☆☆☆☆
 苦味 ★★☆☆☆
 香り ★★★☆☆

・淹れ方・・若干冷ましたお湯で淹れる。

渋味がほとんどなくて、青みのある濃厚な味わいが特徴です。日本でつくられるお茶の7割以上を占めるやぶきたは、甘味と渋味のバランスが良くて、その結果さっぱりした後味。それに対して、南九州を中心に栽培される「ゆたかみどり」は、渋味成分がとても少ない。南の太陽の強い日差しをさんさんと浴びるので茶葉も肥えている。味も香りも濃厚で、それがとても青みのあるうまみとして感じられます。渋味が少ないのは、玉露とおなじように、摘採の一週間ほど前、茶葉に覆いをするからです。

なぜ覆いをすると渋くないお茶ができるのか?というお客様の疑問に先回りしてお答えすると、動物のように移動して他の動物や植物を食べたり出来ない植物は、自分で栄養をつくらなくてはならないから、光合成をします。光のエネルギーをつかって、根から吸い上げた水と養分、そして空気中の二酸化炭素からデンプンを作り出す。そのときに、植物にとって迷惑な副作用が進行します。甘味成分のアミノ酸が渋味成分のカテキンに変わってしまうのです。で、それを抑制するために覆いを掛ける。すると、渋味が少なく、甘味の多いお茶ができるわけです。そんなわけで、濃厚な味わいのゆたかみどりが成長のピークを迎えたときのお茶です。
販売価格
1,080円(内税)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています