モーニングプリーズ 缶入り 226g

ストレートで楽しめる、スッキリした味わいの
セイロンブレンド。堂島とならぶムジカの自信作


・品種・・アッサム種
・産地・・スリランカヌワラエリア地区他
・特徴・・緑茶に一番近いヌワラエリアがベースのさわやかなおいしさ。

・風味
 甘味★★☆☆☆
 渋味★★★★
 コク★★★☆☆
 香り★★★☆☆

・淹れ方・・ストレートとミルクティの両方のおいしさを楽しむときの淹れ方。温めたティポットに茶葉を入れ,熱湯を加えて3分ほどしたら1煎目を注ぎ、ストレートで。茶葉とお湯が入ったままのティポットを冷めないようにティーコジー(お茶帽子)を被せて、放っておいていよいよ濃くなったのに、人肌に温めた(ミルクジャグに熱湯を入れて温め、そこへ牛乳を入れておく)ミルクや砂糖をお好みで加えて,今度はミルクティに。

この「モーニングブリーズ」を企画し発売したムジカティの堀江さんが、個人的にいちばん好きな紅茶は、スリランカのヌワラエリアらしい。スリランカで一番標高の高いヌワラエリアでは、1〜2月がクオリティシーズン(もっとも高品質の摘菜期)で、青々と茂った草を思わせる、さわやかな香り。そしてほどよい渋味が特徴です。その繊細な味が実は日本のお茶(緑茶)と、とても似ているみたい。

ムジカティが始まった頃から発売され、看板商品のようになった堂島ブレックファストは、濃厚でミルクティ向き。それに対して、緑茶を飲むわれわれ日本人の嗜好によりあったストレートティとしてつくりあげたのがモーニングブリーズです。爽やかで香り高く、渋味がスッキリとした味わいとなる「モーニング・ブリーズ」は、ヌワラエリアをベースにしたセイロンティのブレンドです。こちらも堂島同様、保存缶のほかにこの詰め替え用が用意されました。

販売価格
1,728円(内税)
購入数