【夏季限定】完熟自然アイス珈琲 二代目東五郎 1リットル入り

ブラックで飲んでも豆の自然な甘さを感じる
完熟アイス珈琲。人気商品東五郎の二代目



果物が熟すると甘くなるように、珈琲ももとは果実なので同様に甘みがでてきます。赤や黄色に熟した実を摘まずにさらにそのままにしておくと、やがて真っ黒に完熟します。
その実を摘み、加工するとあまみの濃いやわらかな味わいの珈琲となります。この東五郎はそれを北海道の湧き水でネルドリップしてボトルに詰めて販売しています。
これらがおいしさと支持される秘訣です。

ガムシロップはサービスで1本に3つほどつけていますが、まずはブラックで飲んでいただきたい。濃くてもまろやかで、はんなりとした甘さを味わえます。

初代東五郎は、ご存じの方が多いと思いますが、ブラジルの下坂農場で栽培される「ナチュラル」という豆で作られていました。当店の地元いわき市出身の下坂さんは、日本の農業研修生をたくさん受け入れたり、ヨーロッパの珈琲コンテストで入賞するなどブラジルを代表する優秀なコーヒー園としてブラジル大統領がわざわざたずね表彰したそうです。

ところがさまざまな事情から、下坂農場は売却され、したがって東五郎も、東五郎の原料となるコーヒー豆が生産できなくなり、惜しまれながら販売停止となりました。

しかし、東五郎を求めるのファンの声が想定以上に大きく、それならと研究を重ねてこの二代目東五郎をリリースしました。先代の東五郎に比べ風味が濃くなって、一方で柔らかくまろやかな舌触りを実現。二代目もかわらず先代からのファンに喜ばれています。

初代東五郎を知る方はもちろん、夏場にアイスでコーヒーを楽しむことが好きな方に、ギフトに使う方も含めて喜ばれています。ボトル入りなので、急な来客でも、氷を入れたグラスに注ぐだけで上質なおもてなしができます。
夏季限定商品ですので、夏という季節をより楽しむための風物詩のように、ご家庭や大切な方への贈り物の定番にされるとうれしいです。
販売価格
702円(内税)
購入数