玉嶋屋 玉羊羹 5個入り

樹齢23年のナラ薪の火で餡を
練るから、さらりとした上品な甘さ


「ガスを使わないで、ナラ薪の火で餡を煉る」と聞いたときには、ガスでは火力が強すぎるから、薪の火で
穏やかに煉り上げるのだろうと思っていた。でも、それは大間違いだと、現場を見てわかりました。

大きな竈(かまど)に、直径1メートル以上の銅鍋でグツグツとまるで活火山の噴火口みたいに餡が煉られている
様は、すごい迫力です。ナラ薪の火は、ガスの4倍の火力だそうです。その強力な火で、水分を飛ばし、さらりとし
た味わいの餡を作るのだと。

玉嶋屋の本煉羊羹は、江戸時代、二本松のお殿様(丹波公)が将軍家への献上菓子として用いられました。羊羹を
作ってから献上される頃には、表面が砂糖でおおわれて、表面のサクサクした食感のここちよさと、あっさりと上品
なあずきの風味がよろこばれたそうです。

そして玉羊羹は、昭和12年福島県知事と軍の依頼により開発されました。いつまでもやわらかい羊羹を戦地の方
に食べてもらえるようにゴムに入れる方法を考えて。最初は日の丸羊羹という名前だったそうですが、戦後再開業
の時に、玉羊羹を名前を改めたと聞きます。

お店と工場を見せてもらいにお邪魔したときに、裏の倉庫も見せてもらったのですが、その時目にしたのは、もの
すごい数のナラの薪でした。

樹齢23年の木がいちばん良いんだそうで、それがいくつもある倉庫を埋め尽くさんばかり。
餡を煉っているのを見たときと同じくらい圧倒されました。

この商品は、羊羹が玉の形でゴムに覆われているのですが、楊枝の先でゴムに穴を空けるとぷるるんと中味があら
われる様子が、ちょっと楽しくもあります。

上記のように伝統製法を守って良質な材料で丹念に作られているので、多くのお客様にひいきにされるお味です。
甘味、風味とともに、ゴム製の包装を解く際の視覚的な楽しさ、指先で感じる楽しさもあり、クセになる羊羹で、
手土産やちょっとした贈り物にも最適です。また、仲間内でのお茶会などの集まりやパーティーに華を添える一品
となっております。
販売価格
540円(内税)
購入数