龍神梅小粒 280g

食べ物で自分たちの病気を治した
夫婦が育てた自然栽培の梅


若い頃から身体が弱かった龍神自然食品センターの寒川さんご夫妻が自然食品に出会い、食べ物で元気になったことをきっかけに、本当にからだによい、人を元気にする食品を作りたい。そんな思いから梅作りから始めました。

30年以上も前から無農薬・無化学肥料で苦労して育てた梅は、口にするとご夫婦の努力の結晶として、自然の豊かな恵みを想像させてくれるおいしさです。

白浜から紀伊半島の中心部へ70キロくらい入った内陸部、美人の湯といわれる龍神温泉のある龍神村。 そこへ家族で一度お邪魔したことがあります。

その時、奥さんが口にした「山が変わった」という言葉が印象的でした。つまり、堆肥を作り有機栽培で土作りから始めた梅園の土壌が、突然びっくりするくらい肥沃になったというのです。自分たちの努力が報われたという思いがしたのでしょう、少し興奮気味に話す奥さんの表情を今でもはっきりと覚えています。ここで作られる龍神梅は、その後サライや朝日新聞などで取り上げられ、一大ブランドに成長しています。

おかげで直営の農園では、受注に応じきれなくなり、今では近所の農家でも作ってもらっています。もちろん無農薬が条件ですが、その委託先を社長である寒川社長が訪問しているそうです。コミュニケーションを図りながら、ちゃんとやっているのか見てくるのだと。徹底した品質管理を、社長自ら足を運んで行っていることは、商品への信頼を高めます。

また、おもしろい話があります。収穫した梅を持ってきた委託先が、「実は農薬を少しだけ使った」と報告したことがあったそうです。報告を受けたスタッフが「社長、こう言ってますけどどうしますか?」と聞くので「どうしたらいいと思う?」と返したら、「そりゃだめですわ」。スタッフさんと経営者のオープンな信頼関係が築かれているうえ、会社全体でビジョンを共有できている優良企業の証です。

このように、原料となる梅が素晴らしいので、その梅で作る梅ジュース、梅ジャム、梅肉エキスどれも一級品で、「安心、安全、おいしい」を実現した毎日食べて日々の健康を促進することを手助けしてくれる商品です。

原材料:梅(紀州)、漬け原材料(食塩、しそ)
販売価格
864円(内税)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています