アップルブランデーケーキ 5個入

ほんのり酔わされる
洗練されたうまさ


最近はあまり見かけなくなりましたが、20年前くらいは洋菓子屋さんやあるいはパン屋さんでよく販売
していた焼き菓子。覚えているのは、洋酒の香りがぷんぷんするドーナツ型の生地の真ん中に生クリームが
盛ってあった。

サバランは、もともとはフランスの焼き菓子で、ブリオッシュ生地(水のかわりに牛乳を加え、バターと卵
を多く使った口当たりの軽い発酵パンの一種)に紅茶味のシロップを染み込ませて冷やしたものにラム酒や
キルシュをかけ、生クリームや果物で飾り付けたお菓子だそうです。

私どもの焼菓子の仕入れ先、東近江市「イセトウ」のサバランは、いたってシンプルなスタイル。
リンゴを使ったパウンドケーキをラム酒漬けにしています。

包みを開けると、ふわっとラム酒の香りが広がります。シロップ漬けのリンゴのスライスが入ってフルーティ
なところもあり、しっとりでふわっと、弾力感もあります。ちょっと矛盾したような表現だけど、手に取って
いただければ「なるほど」となると思います。

口の中でとろける感覚を大事に、やわらかく仕上げてあり、一般的にサバランにありがちな重さが緩和され、
ほおばると組織がほどける感覚も楽しめます。といっても、持ち帰っても形くずれしないよう計算されていま
す。ここが作り手であるイセトウさんのすごいところ。

この焼き菓子は、オトナのアフタヌーンティーに最適です。これはお気に入りの紅茶と一緒に楽しむと、両方
の香りと味が重なり、ハーモニーが楽しめるでしょう。また、食べ終わったサバランの余韻が残ったところで
紅茶を飲むのもありです。

お酒の風味が強すぎず弱すぎず、洗練されたうまさです。
販売価格
972円(内税)
購入数