ジアマンチーナ ヨシマツ

濃さと爽やかさを同時に
味わえるアイスコーヒー


香り高く、コクもあって、つまりおいしいアイス珈琲を飲みたいと思っている人にお勧めします。ブラジルミナス州ジアマンチーノにある吉松農場で作られる珈琲、ジアマンチーナ・ヨシマツを北海道羊蹄山の銘水でドリップしたものです。

ジアマンチーナとはポルトガル語でダイヤモンドの意味。その名の通り、ダイヤモンドや金など鉱産資源がたくさんとれる土地です。どちらかといえば珈琲栽培には向かないと言われてきたこの土地に、6000本の珈琲の木を植えて、艱難辛苦の末1980年に最初の収穫を迎えます。これが大変に高品質だったそうです。

甘く豊饒な香りと、丁寧に抽出されたのが伝わる、赤みがかった黒い色味の見た目。
口に含むと、味は濃いめではあるが、その濃さを感じたあとにすう〜と平がる爽涼感がある。それがもう一口へとあとをひきます。

常温で飲んで香りをより楽しむのもよし、暑い盛りに冷たく冷やして爽やかさを楽しむのもよし。それもあって夏の贈り物としても喜ばれています。

この品質を実現しているのは、産地ブラジル・ジアマンチーノの気候と、生産者吉松さんの技術と熱意です。
販売価格
702円(内税)
購入数