抹茶カステラ「薫Junko」

クロレラ抹茶ではない、お茶席用の抹茶をふんだんにつかったナチュラルで豊かな風味。
シルクパウダーの魔法で、もっちりした触感。お茶屋が開発した自信作です。


日本茶専門店が商品開発の一環でお菓子を手がけると、決まったように抹茶や煎茶、ほうじ茶を使ったお菓子であることが多い。

考えてみればそれは当たり前というかある意味自然なことで、お茶屋さんが自前のお茶を材料にお菓子を作ることはお客様にも安心感や期待を感じさせるのでしょう。お肉屋さんやお魚屋さんが経営する飲食店のとんかつやお刺身定食がおいしくてお値打ちに思えるように。

そういう自分も20年ほど前、抹茶のソフトクリームをはじめようと思ったときには同じように考えていました。
ところが作り方を習いに行った名古屋のお茶屋さん(柳風園さん)にいわれたのは「抹茶だけでなく、ミルク味のソフトもやりなさい。抹茶が苦手な人もいるのだから」ということでした。

そしていわれるとおりに牛乳、抹茶、ミックスのソフトをスタートさせて正解でした(今でも土日というとお客様が並んで下さいます)。おもしろいのは年配の方だから抹茶、お子さんだから牛乳ということでもないんですよね。

そしてソフトでいえば牛乳のソフトがおいしければ、抹茶ソフトもおいしくなる。同じ理屈で、プレーン味がおいしく作れて、はじめて抹茶やほうじ茶を使ったお菓子もおいしくできるはず。

              抹茶カステラ

同じように、当店オリジナルのケーキを焼くときも、最初プレーンのカステラを、その後チョコレートケーキを、次にチーズケーキを商品化して、4番目に作ったのがこの抹茶のカステラです。このお菓子作りは、美食ホテルという店舗の中でプロの指導の下に自分たちで焼いていたのですが、今は、その時指導してもらった先生が作ってくれています。

シルクパウダーという絹の粉を少量加えることで、とってももちもちした食感のカステラに仕上がっています。抹茶はお茶席用の上級品を使い、風味があって、ほどよい甘さで、ついつい食べ過ぎてしまう。そんなおいしさです。

ソフトクリームのアレンジメニューに黒蜜パフェというのがあるのですが、抹茶と牛乳のソフト、黒蜜、きなこをかけて、仕上げにこの抹茶カステラを一切れトッピングしています。それがよかったのか、薫Junko(抹茶カステラ)をお買い求めになるお客様が年々増えています。

今年の暮れから正月にかけては、本当にびっくりするくらいお買い求め頂きました。お年始でご利用の方が多かったのでしょう。御家庭用にも、引き菓子にも、ちょっとした手土産にもオススメいたします。常温で2週間以上日持ちいたします。
販売価格
1,080円(内税)
購入数