日本の紅茶の第一人者、大阪堂島にあるティーハウス・ムジカの堀江敏樹さん。

子どもの頃から紅茶に囲まれ、紅茶のある暮らしのなかで育った。 そんな堀江さんの仕事とライフワークは、日本で紅茶を日常茶として普及させること。そのために実にさまざまな取り組みをなさっています。世界中から仕入れた良質な紅茶を、お客様が日常的に楽しめるような価格で販売することを重視されています。

辻調理教室という有名な調理士の学校で何年にもわたり紅茶のセミナーを開講する。決して難しい講義ではありません。高木園主催で堀江さんの紅茶セミナーを行ったこともあります。参考資料はこちら

大切なことは、汲み立ての水道水を沸騰させ、ポットのなかで茶葉が充分に開くこと。 それを繰り返し伝える。紅茶を何かしらおシャレで高級感をもたせて高く販売する昨今の商業ベースの売り方に強く反発する。 その不満を聴くたび、この方の半生の努力が思われます。紅茶を淹れ方にウンチクを交えて手間のかかる方法を推奨することにも、同じ理由で反対しています。紅茶を淹れるときに大事なのは、

 1.必ず水道水を使うこと(水道水は空気をたくさん含んでいるため、紅茶がよく出ます)
 2.水を沸騰させて使うこと

の2点を守ればよい、と指導されています。これ以外は、茶器など個人がこだわりたいことにだけ自由にこだわって、自分のスタイルを確立してほしい。そのためにはいろいろな茶葉を試し、自分の舌で自分の好みを追及してほしい。そう考えて、適正価格で販売することにこだわっています。

そんな堀江さんを師匠とし、スピリットを受け継いでいます。実際にムジカから紅茶を仕入れてパッキングしている小原春香園さんの商品を販売しています。日常的に紅茶を飲めるように、良いものをお求めやすい価格で提供すべく、誠実で実質的な紅茶を厳選して提供しています。茶葉の質がよいので、同じ量の茶葉でもよく出るとお客様から言われているように、コストパフォーマンスは高くなっています。

紅茶

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 14商品中 1-14商品
  • 次のページ